戻る

施設等

横尾義智記念館

現在の上越市安塚区行野出身の横尾義智は、昭和9年から12年間、旧小黒村の村長として人望厚く務めた。行野集落を活性化させたいと志を持った「行活クラブ」が横尾氏の功績を後世に残そうと、記念館を企画・管理している。
 明治26年8月、新潟県東頚城郡小黒村大字行野(現上越市安塚区行野)横尾義周の長男として生まれた。生まれつきろうあ者であったので、東京聾唖学校(現筑波大学付属聾学校)へ入学。昭和9年(41歳)、村民に推され小黒村長に選出。
 戦争協力で公職を追放されるまで12年間、人望厚く多難な村政の舵取りを行った。
 農地開放と社会事業に多額の支出をした後、行野の本邸を引き払い高田市(現上越市)西城町の別邸を本拠としたが、昭和38年2月に亡くなった。生家跡の旧年貢倉庫を利用して横尾家の家系図や絵画、ゆかりの品々が展示されている。

施設情報

住所 上越市安塚区行野1048-3
電話番号 025-592-2003(安塚区総合事務所教育・文化グループ)
関連URL http://joetsukankonavi.jp/spot.php?id=12
入場料
300円(特別イベント時を除く)
事前の見学申し込みが必要です。
5月~11月 (申し込みにより、随時開館します。要予約)
閉館日
12月~4月

関連展示

日本でただ一人ろうあの村長だった横尾義智の記念館です。明治26年生まれ、昭和38年に亡くなりました。昭和9年から昭和20年まで村長を務めました。