戻る

史跡・遺跡

厳鼻の観音様

上越市名立区下瀬戸地内の巌橋(いわおばし)を渡ると、下手の絶壁に「厳鼻(いわおばな)の観音様」と呼ばれる石仏群が見えます。
名立谷の一番の難所で、江戸時代には子どもや修行僧などが川に流され、竜の仕業と恐れられていました。
竜の災難逃れに、文政年間(1818年~1830年まで)に観音様を一体祀られたのが最初で、その後33体の観音様が作られ、現在の所へ移されました。

施設情報

住所 上越市名立区瀬戸
電話番号 025-537-2121(名立区総合事務所
関連URL
料金:無料
駐車場無
トキ鉄・日本海ひすいライン「名立駅」より車で20分
交通アクセス(路線バス)頸城バス「下瀬戸」下車徒歩5分
交通アクセス(車)北陸自動車道「名立・谷浜IC」より30分

関連展示