戻る

博物館・美術館等

上越清里星のふるさと館

坊ヶ池湖畔にたたずむ上越清里星のふるさと館は、県内最大級の口径65センチメートルの反射式望遠鏡と四季折々の星座や天体シミュレーションが体験できるプラネタリウムを備えた天体観測施設です。清里区に落下した「櫛池隕石」の実物も展示しています。
また、多くの方から星に親しんでいただくため、親子星空教室や天体写真撮影講習会のほか、週末を中心に観望会などを開催しています。

施設情報

住所 上越市清里区青柳 3436-2
電話番号 025-528-7227
関連URL http://www.tenmon.jorne.ed.jp/
北陸新幹線「上越妙高駅」より車で40分
トキ鉄・妙高はねうまライン「高田駅」より車で40分 くびき野バス「青柳下」下車徒歩30分 上信越自動車道「上越高田IC」より40分 10:00~17:00
最終入館16:30 毎週火曜日
冬季(12月1日~3月31日)休館 入館料(プラネタリウム視聴あり)  一般600円(団体500円)   小中学生400円(団体300円)
入館料(プラネタリウム視聴なし)  一般450円(団体370円)    小中学生300円(団体220円)

関連展示